RSS
 

朝日町産 あけび1kg

平成28年産の受付は終了しました

あけび
あけび

  秋の山の味わいを運んでくれるあけび。

  全国生産量一位の山形からお届け。 あけび

”あけび"あけびは秋の風物詩

あけび あけび
   自生するあけび。白樺の木に蔦を伸ばし、実をつけています。
 日本ではあけびは山野に自生しており、古い時代から食べられていました。秋の山では木に蔓を伸ばしたあけびが、美しい紫色の実をつける光景が見られます。パカっと割れた実から、なかの甘い果肉を食べた事のある方も居るのではないでしょうか。
 天然あけびの食の歴史は古いですが、栽培されるようになったのは近年になってからのことです。

あけび

”あけび"あけび王国・山形

”あけび"全国生産量第一位!

 山形ではあけびの皮を食べるという独自の習慣があり、昔からあけびが親しまれていました。近年美しい紫色のあけびを栽培する研究が熱心に行なわれ、生産者の手で大切に育てられています。現在、全国生産量は日本一で、全国生産量の90%を山形産のあけびが占めています。

”あけび"県内有数の産地・朝日町

 あけびの栽培は天候や土壌などの自然条件が合った土地でなければ難しく、山形県内でも生産地は限られています。

 山形県の中央部に位置する朝日町は、山形県内でも有数のあけびの産地です。朝日連峰に囲まれ、最上川の恵みを受けた肥沃な土壌があり、大自然に恵まれた土地であけびが栽培がされています。 あけび

”あけび"あけびのおいしい食べ方

”あけび"山形流にあけびを食す

山形ではあけびの皮を調理して食べます。肉との相性が良く、肉詰めや炒め物にするとおいしく頂けます。

「焼きもの」
あけびの皮を一口大に切って油でいため、やわらかくなったら味噌と砂糖で味付し、白ごまをふりかけます。

「揚げもの」
あけびの皮を2僂らいの食べやすい大きさにきり、衣をつけて天ぷらにします。
衣をつけず、素揚げにしてもおいしくいただけます。>


「和えもの」
1.あけびの皮を少しかために茹でて、一口大に切ります。
2.青豆をゆでてつぶし、塩、砂糖で味付けし、食べる直前に水分をよく切って和えます。


※あけびの苦みを好まない方は、あけびの皮をかるく湯がいて、30分〜1時間くらい水にさらしてから料理するのがおすすめです。

”あけび"あけびは実も皮も栄養満点!

あけびの果肉にはいちごと同じくらいのビタミンCが含まれており、風邪予防や美肌に効果があります。また、貧血予防によいとされる「葉酸」も含まれています。また、果皮には高血圧を予防するカリウムが多く含まれています。 あけび

あけび

”あけび"「朝日町産あけび」のお届けについて

”あけび"発送は、9月中旬〜11月頃の予定です(天候の影響により前後する場合があります)

”あけび"

”あけび"一番おいしい時期にお届けするために、配達日の指定は承っておりません。ご了承ください。


あけび1kg
1箱1kg入りを常温便でお届けします。
※玉の数は大きさによって変動します。
あけび 山形の自然に囲まれて育てられ、

山形の人々に親しまれている秋の味覚をお楽しみください!

朝日町産 あけび1kg

価格:

2,200円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

商品詳細
商品名 朝日町産あけび
産地名 山形県 朝日町
内容量 1kg
お届け方法 通常便(常温便)
お届け時期 9〜11月
送料 別途必要
お届け日指定 ”あけび 山形"
生育状況をみての発送になります。
あけび