RSS

春の山菜 カンタン下処理&簡単料理

下処理
基本的にはさっと湯がいて、しばらく水にひたすだけでいい。入念にアク抜きしない。苦味や香りもまた山菜のよさだから
<手順>
/綫いし、ゴミを取り除く
△劼箸弔泙澆留でさっと湯がく
山菜が冷えるまで水にさらし、あげて水を切る



わが家のおすすめ調理法

おひたしにする
葉ものなら、なんでもおひたしでいける
<作り方>
下処理した山菜にかつお節をのせ、しょう油をかけるだけ
(アズキナ、カタクリ、ギョウジャニンニク、セリ、コゴミ、シドケ、ヤチブキなど)


和える
おひたしから一歩進んだ料理。わが家で好評な味つけ

ゴマ醤油和え(コゴミなど)
<作り方>
下処理した山菜をゴマ醤油(割合は、すりゴマ 大さじ4・醤油 大さじ3・砂糖 大さじ1)と和えるだけ

酢味噌和え(ヤチブキ、ハマボウフウなど)
<作り方>
下処理した山菜を酢味噌と和えるだけ


漬ける
たくさん収穫できて、少し日持ちをさせたいなというときに。1週間〜10日はもつ

ポン酢漬け(シドケなど)
<作り方>
下処理した山菜をタッパーに入れ、隠れるぐらいのポン酢を入れるだけ。半日〜1日で食べられる

麺つゆ漬け(ギョウジャニンニクなど)
<作り方>
下処理した山菜をタッパーに入れ、隠れるぐらいの麺つゆを入れるだけ。1〜2日おけば食べられる

山菜