RSS

● お盆期間(8月13日〜8月16日)は、一部商品は、出荷元休業日のため発送にお時間をいただく場合があります。
● 当店は8月26日(日)〜8月31日(金)まで夏期休業

となります。商品の出荷 、メール等の返信は 休業明けとなります。

 

山新3P賞

山新3P賞の特別公演が、1月30日、
山形市のグランドホテルで開かれた。

山新3P賞は 山形新聞、山形放送が提唱し、
地域の平和(ピース)、繁栄(プロスペクティリー)、
進歩(プログレス)に尽力した
個人、団体、企業を顕彰するもの。

第61回となる今回は、
平和賞に欅墨書院会長・植松弘祥さん、

繁栄賞に木造建築メーカーのシェルター(鶴岡市)
が顕彰された。
進歩賞は今年は該当なしとなった。

平和賞の欅墨書院会長・植松弘祥さんは、
書道研究・欅墨書院を東根市に設立、
全国に約4千人の会員がおり、
書道の発展普及と本県の文化振興に貢献している。
講演では、「日展書家 植松
弘祥」の著者
小関正男さんが「植松先生は全国各地の教室まで
心を配っている。即座に情報が得られる時代だからこそ、
一画一画時間をかける書、
心を育てる書の大切さを教えてくれている」と話した。

繁栄賞の木造建築メーカー「シェルター」
社長・木村一義さんは、
木造建築の画期的な接合金物工法「KES構法」を開発、
また耐火性で鉄骨、
コンクリートと並ぶ木質耐火部材「クールウッド」を開発。
講演では、「森林大国で木造建築文化の国である
日本から、世界に発信しなければならない。
木造都市の実現に一生をささげるつもりだ」と
意気込みを語った。



コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100002240&eid=229