RSS

大阪・兵庫あてに発送を希望のお客様へ:大阪G20サミット開催中に伴う交通規制の影響につきまして 
 6月末に大阪市内で「G20サミット」が開催されることに伴い、関西の一部で大規模な交通規制が行われる影響で物流にも影響が出るため、大阪府、兵庫県の一部へのお届けのさくらんぼ佐藤錦のご注文につきまして、受注期間を制限させて頂きます。ご不便をおかけし申し訳ございませんが、対象地域あてのご注文を希望される場合は、お早めにお申し込みくださいます様お願い申し上げます。
大阪府全域・兵庫県(芦屋市、尼崎市、伊丹市、西宮市)あての
さくらんぼ佐藤錦のご注文受付は、6月20日まで


 山形の老舗漬物屋 『丸八やたら漬』 のお漬物をお届けします




明治18年より続く伝統を守り続けて―――


丸八やたら漬は、明治18年創業。
当初は味噌・醤油醸造を生業とし、その後、醸造のノウハウを活かし副産物として漬物加工を始めました。
明治34年に山形駅が開業すると、お漬物をお土産として販売するようになりました。
その当時は、今のようなパッケージ技術がなかったために、汁が垂れないよう試行錯誤を繰り返しながらお土産品としての地位を築いてきたそうです。 昭和40年頃からは漬物専門店になり、現在に至ります。



店名にもある「やたら漬」ですが、もともとは山形の食卓には欠かすことのできないお漬物の名前でした。
昔は越冬の保存食として、大根やにんじんの皮、きゅうりのへたなどの野菜を味噌に漬け込み、醤油で味を調整していただいたそうです。
『むやみやたら、めったやたら』にいろいろな野菜を漬け込んだことからそう呼ばれ、その名が受け継がれたというわけです。



山形で変わらず愛され続けるお漬物。

贈り物に、ご自宅用に是非ご賞味ください―――


商品一覧

該当商品はありません