RSS
 

東根・さくらんぼマラソン

2017.6.4  16回目の ひがしねさくらんぼマラソン大会が

4日開催されました。1万2400人の参加者。

サクランボが色づいてきた果樹園を駆け抜けた。

天候は曇りで、ランナーは快適な条件だったようです。

初夏の風物詩として定着しています。

尾花沢市 旧民宿をシエアハウスに

2017.3.25 地方創生事業として、尾花沢市が

整備を進めていた産業創造型シエアハウスが完成の

運びとなった。旧農家民宿を改装した建物で、女性3人

の入居を想定している。

市が起業や就農の支援をし、定住を促す。

25日に現地でオープニングセレモニーが開かれ

ました。私はこの農家民宿にNPOでかかわっていたので

出席して来ました。外での行事の時だけ急に雪が降って大変で

した。チェロの演奏、くす玉割り  その後内覧会 茶菓タイム

入居者が1名決まっています。地域活性を願っております。 

cd.jpg

ef.jpg

写真展で震災の記憶を伝える

2017.3.14 

3.11は震災6年で各地で様々な追悼行事が行われた。

県立図書館2階で偶然震災の写真展を見つけ、見て

みました。主催は「やまがた気仙沼会」学生部。

同部は、宮城県立気仙沼高校から山形大に進学した学生

を中心に2013年に活動を始め、部員は10人。写真展の

ほか、毎年9月に山形市で開かれている「気仙沼さんま祭り

IN山形」の運営に携わっている。部長の学生は震災当時は

中学2年で、翌日の卒業式の準備中だった。川沿いにあった

自宅は、津波で流された。両親と弟は無事だたが、祖父母

は犠牲になった。家族は仮設住宅で暮らしており、6年たって

も、まだ復興はこれからだということを知ってもらうきっかけに

したいと話している。写真を見ると震災前、震災時、現在

の同じ地域を比較してあり、いかに壊滅的であったかがわか

る。陸まで打ち上げられた船の写真、工事中の巨大な防潮堤

なども印象的だった。

雪若丸

2017.2.16 来年秋に本格デビューする県産米新品種

「山形112号」の名称が「雪若丸」に決まりました。

つや姫の弟と位置付けて売り出す。

品種特性は稲丈が短く、茎や穂が多いどっしりとした立ち姿

や歯ごたえがあり、男性的だそうです。

他にはない新食感ですしにも向いているということです。

今年の秋に約200トンを試験販売する。

今から楽しみです。

東北芸工大卒展

2017.2.7〜12 今年も芸工大の卒展を見に行きました。

午前10時からですが、早めに行かないと駐車できません。

おもしろかったのは、企画構想学科で、第1種狩猟銃の

免許をとった学生がその過程を展示していたものです。

実際に狩に出た初日は獲物がとれず、奥の深さを感じたそうです。

ハンターが少なくなっている中で貴重な情報です。

映像学科で見た映画は 「花と生き恥」 はなかなか新鮮に

感じられいい映画だと思いました。

作者のコメント

日常というものは人の数だけさまざまだ。全く同じ人間なんて

いないし同じ日なんて二度とない。それが兄弟でも、家族でも

恋人でも。しかし日常というものは交差する。

そして人と人の繋がりが生まれる。私がそこから思うこと、

感じることを作品にしてみました。

あと地元の街と花屋を撮ってみたかった。

北方領土の日

2017.2.7 北方領土の日 でした。

県庁1階のロビーのパネル展を見にいき署名

してきました。歴史的経緯がわかりやすかったのですが

改めてこの分野を勉強していかなければならないと

自覚させられた次第です。

ワールドカップジャンプ女子蔵王大会

2017.1.20.21

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子蔵王大会

最終日は21日、山形市クラレ蔵王シャンツェで個人第10戦が行わ

れ、高梨沙羅(クラレ)は99.5メートル、94.5メートルの合計226.2

点で2位となり、国内でのW杯通算50勝達成はならなかった。伊

藤有希が合計227.0点で優勝、連勝で通算3勝目を飾った。

実際に初めて見て、会場がどのようになっているのかわかった。

駐車場から送迎の大型バスが運行されていた。多くの地元の

関係者の協力によって成り立っていることもわかった。

一冬のイベントとして定着してきているようです。

初市、冬の花火大会

2017,1,10 山形市の初市が10日開かれた。

穏やかな天候の中、多くの買い物客でにぎわった。

私はかきあげそば、と 玉こんにゃくを食べ、初あめを

買いました。

午後6時からウインターフェステバル 山形冬の花火大会が

行われた。今年は2回目・・・約2千発の花火が打ち上げられた。

スーパーの屋上駐車場から小さくしか見えませんでしたが

冬の花火はなかなかいいものです。

第60回山新3P賞

新年あけましておめでとうございます。

2017年度の山新3P賞が決まりました。

平和賞

  自殺予防の相談業務

  「山形いのちの電話」 山形

繁栄賞

 じゅうたんメーカー

  「オリエンタルカーペット」山辺

進歩賞

NHK全国学校音楽コンクール金賞

  「鶴岡北高音楽部」鶴岡

本県の活性化と躍進の原動力になり県民に

希望を与えた3団体です。

絆の道 国道347号線

国道347号線は山形県尾花沢市と宮城県加美町を結ぶ道路で

峠は鍋越峠。大雪のため冬は不通となっていた県境付近17.7

キロ区間の通年通行が実現した。11月19日記念式典には

山形、宮城両県知事をはじめ、市民400人が参加した。

通行止め区間の山形県部分は6.4キロで、雪崩、雪屁

地吹雪対策に雪崩防止柵125基、せり出し防止柵総延長

735メートルの設置などに総事業費24億円を投じた。

2011年の東日本大震災の発生時、支援物資を積んだトラック

が、カーナビが最短と示す347号に殺到したが、冬季閉鎖中

だったため多くのトラックが引き返した。主要幹線道の代替ルー

トの確保とあわせて、交流人口の拡大が期待される。

この道路から登山道に入る二つ森というおもしろい山があって

12月21日 雪山を楽しむことができました。

皆様 よいお年をお迎えください。