2020年1月 ホームページをリニューアルしました! 

庄内柿


2020年産 ご予約受付中


全品送料無料!ただし、沖縄・一部離島は送料700円頂きます。  


渋柿の代表 「庄内柿」

庄内柿(たねなし柿)   
 平べったく四角い形が特徴的な庄内柿。別名「平核無柿」ひらたねなしかき)と呼ばれる、庄内の秋を代表する渋柿です。

 果肉が緻密に引き締まっており、硬いうちに食べればみずみずしくサクッとして美味、やわらかく熟すと、とろけるような果肉が味わえます。生産量第3位の人気の高い柿で、渋柿の王様と言われるのも頷けるおいしさです。こくのある甘みと、ジューシーな果汁。熟れた庄内柿のおいしさは、渋柿のなかでも格別です。


本場・鶴岡から産地直送

庄内柿の畑   
庄内柿の本場・鶴岡市のなかでも、果樹生産がさかんな櫛引地域で有機肥料で育った柿をお届けします。

フルーツの里・櫛引町の庄内柿

 櫛引地域では昔から地域ぐるみで果物栽培に取り組んでおり、三千刈のリンゴ、東荒屋の和梨、西荒屋の葡萄、西片屋のさくらんぼ、そして松根・黒川・馬渡・田代の庄内柿など、その集落の特色をいかした果物を生産してきました。
 櫛引には古くからの柿畑が残っており、庄内柿は昔から現在まで育てられている果物のひとつです。櫛引の庄内柿は有機肥料質の土を使い、丹精込めて丁寧に育てられており、果汁が多く甘みにこくがあり、ジューシーでおいしい庄内柿になっています。



うれしい柿の健康効果

 柿にはタンニンやカリウムなどが含まれており、生活習慣病を予防する効果があることが、9月27日放送のNHK「あさイチ」でも紹介されました。今健康効果が注目されているフルーツです。

ビタミンCがたっぷり!

 庄内柿はみかんの倍以上のビタミンCが含まれており、1日1個で成人のビタミンCの摂取量を摂ることができるビタミンCの宝庫です。美肌や美容にも効果が期待できます。 また、アルコールの消化を助ける働きがあるので、お酒のおつまみにも最適なフルーツです!

 とても食べ易い種無し柿です。

 焼酎で渋抜きしてあるので

 すぐに食べられます。

庄内柿


ご希望の個数を指定して「まとめてカートへ」ボタンをクリックしてください。
こちらは「ご予約商品」旬を迎えてからの発送となります。発送までお待ち頂きます事ご了承ください。
表示切替: 並び順:
4件中1件~4件を表示

商品一覧

鶴岡産 庄内柿5kg(26玉、L) 渋抜き済み

¥4,800(税込)

注文受付 ○

購入数

鶴岡産 庄内柿5kg(24玉、2L) 渋抜き済み

¥5,200(税込)

注文受付 ○

購入数

鶴岡産 庄内柿10kg(54~56玉、L) 渋抜き済み

¥7,800(税込)

注文受付 ○

購入数

鶴岡産 庄内柿10kg(50~52玉、2L) 渋抜き済み

¥8,200(税込)

注文受付 ○

購入数

4件中1件~4件を表示

営業日
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

日曜定休、臨時休業あり
* さくらんぼ(6月上旬~7月上旬)、りんご(12月上旬~中旬)の出荷盛期は、毎日営業します

(夏季休業) 8月16日~8月22日
(年始休業) 12月29日~1月8日

休業中も ホームページ、FAXでのご注文は可能です。

ご利用ガイド

FAXでのご注文

FAX番号:023-612-0378
以下のバナーからご注文書をダウンロードして記入の上、FAXでお送りください。当店から折り返し、お支払い先等をFAXでご連絡いたします。
FAX注文用紙ダウンロード

大口注文に便利なExcelの注文書です。kurita@ashahiya.jpにお送りください。


お電話でのご注文・お問い合わせ

集荷等で留守電になることが多く、ご注文のみの場合は、ホームページ又はFAXがスムーズです。お問い合わせ等ございましたら、留守電にお名前とメッセージを残して頂ければ、折り返しご連絡させて頂きます。
※ お電話注文の場合、カード決済と後払い決済はご利用いただけません。
☎ 023-644-9115  平日 10時~17時 
※ 2020年9月26日より電話番号が変更になっております。詳しくはこちら

配送業者

ヤマト運輸

送料

生鮮くだものは 送料無料(沖縄のみ700円)です。天然山菜・お米・酒・柿酢・タモギタケ等、生のくだもの以外の商品は、地域別に送料がかかります。

お支払い方法

こちらのページ】をクリックしてご覧ください

Instagram
Twitter
facebook
youtube

生産者さん募集中

店長日記

山形朝日屋店長の栗田

皆様 運営者の栗田です。
山形からおいしい食品と、知られざるおもしろい情報を発信したいと考えています。朝日屋の店名は私がかつてよく登った母なる山、朝日連峰からつけたものです。


店長日記はこちら >>

ページトップへ