RSS

8月16日(水)〜8月22日(火)まで

夏期休業となります。 ホームページ、FAXでのご注文は可能です。

商品の出荷 、メール等の返信は 休業明けとなります。



巷の国産ワインと一線を画する、本物のワイン。
自家栽培ブドウ・地元農家産ぶどう100%使用の山形産ワイン



山形の老舗ワイナリーが作る”本物”のワイン

赤湯で老舗ワイナリーを営む佐藤さんのモットーは、「ワイン造りはぶどう作りから」自家栽培ぶどうと地元農家産ぶどうを100%使用したワイン造りを続けています。小規模経営の小さなワイナリーで、大量生産を行わず、繊細な注意を払って、丁寧なワイン造りを行っています。山形セレクション受賞、国産ワインコンクールを受賞しており、その味は、広く認められています。


1940年来のワイン倉
 1940年来のワイン倉
  自家ブドウ畑のデラウエア
 自家ブドウ畑のデラウエア



 このワイナリーがある山形県南陽市赤湯は、山形のぶどう発祥の地と言われています。南陽市赤湯地区は、県内ぶどうの一大産地である置賜盆地の北の端に位置します。赤湯温泉で有名なこの地区には、南向きの斜面が広がり、この傾斜を利用してのハンググライダーなどのスポーツも盛んなところです。


 山形新幹線で東京方面からくると、JR赤湯駅を過ぎたあたりから、山の斜面に一面のぶどう畑が目に入ってきます。この斜面に広がるぶどう畑は、昼間は太陽の光を効率的に受け、夜になれば盆地の周りから冷えた空気が流れ込むことから、昼夜の寒暖の差に富んでいます。また、この地域特有の鉄分を多く含む水はけのいい土質とあいまって、急斜面が余分な水を流してくれるため、ぶどうの栽培に適した条件が整っているのです。


ぶどう畑が広がる赤湯の斜面
 ぶどう畑が広がる赤湯の斜面



 山形県のぶどう栽培の歴史は、実はかなり古く、南陽市鳥上坂のぶどうの碑には、「ここは江戸時代初期にぶどう栽培が始まった、山形県ぶどう発祥の地。地区内の大洞鉱山が隆盛していた頃、甲州(現、山梨県)の鉱夫が甲州ぶどうを持ち込んだ説、また出羽三山に通じるこの街道を通って、修験者がぶどうを持ち込んだ説の2つが伝えられている」とあります。甲州の地とこの現在の南陽市辺りの地形に、昔人は共通する風土を見いだしたのか、江戸の後期にはすでに、このあたり一帯で甲州ぶどうが作られていました。


 そして現在、山形県はぶどう生産量で全国3位を誇っています。


 ぶどうづくりは収穫直後の枝の整理から始まるが、積雪に弱いため、肥料やりなどの準備は雪の前にすませる。翌年の5〜6月に新芽が出たら、いい芽だけを残して枝ぶりを決め、施肥、袋かけ、水やり、防鳥対策と暑い中での作業が続きます。こうした手間に加え、夏の昼間の気温が高く、夜温20度前後との好条件のもと、おいしく実ったぶどうは収穫期を迎えます。


山形の恵まれた地形と、高度な栽培技術によって作られた高品質なぶどう。

そのぶどうの特徴を最大限に引き出し、

繊細な注意を払って、丁寧に作られたワインです。

本場フランスやドイツに負けない、本格ワインをご賞味ください。





ご購入前にご確認ください
商品について 未成年の飲酒は法律で禁止されています。当店は未成年への酒類の販売は行っておりません。
保存について ワインはウイスキーなどの蒸留酒とちがい、空気中の酸素の影響を受けやすいため、品質が変化しやすいものです。開栓後は、できるだけ早くお飲みになることをおすすめします。開栓後のワインの保存は、再栓して冷蔵庫に入れた場合、1週間程度が目安です。
>

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜3件 (全3件)

1件〜3件 (全3件)