2020年1月 ホームページをリニューアルしました! 
 
食彩遊膳まる梅

河北町谷地「食彩遊膳まる梅」の味をご家庭で

食彩遊膳「まる梅」は、紅花・冷たいらーめんで有名な山形県河北町のお店です。日本料理の板前店主が作るこだわりのスープが絶品。「まる梅」の味をご家庭で楽しめるセットが通販に登場です。

食彩遊膳「まる梅」店主の青柳啓司さんは、寒河江割烹旅館で長年調理長を務めた板前店主。地産品と自家製野菜を使用し、地産地消、自家栽培、手作りにこだわり、おいしい料理を提供しています。


お店の味を再現する充実したセットです

【 セット内容 】

「まる梅」のお店の味を再現するため、生麺、スープ、親鳥チャーシュー、鶏油に加え、トッピングに天かす、柚子胡椒を加えました。お家でお店の味を再現できる充実したセットです。
スープ

板前店主こだわりのスープ

親鳥、鰹、利尻昆布、野菜、きのこでだしを取った深みのあるスープは、さっぱりとして奥深く、最後の一滴まで飲み干せます。
親鳥チャーシュー

柔らか親鳥チャーシュー

胸肉を利用した柔らかく食べやすい親鳥チャーシュー。しっとりと柔らかく鶏の旨味が味わえます。
麺

生麺

こしがあり食べ応え抜群の麺。冷たい肉そばは、こしの強い田舎そば、肉中華はモチモチの中華麺、肉帯麺は、米粉と山芋を入れた幅広の帯麺になります。
てんかす、ゆず胡椒

味の変化を楽しめるトッピング

食感を楽しむ天かす、風味豊かなゆず胡椒がおいしさをプラス。
鶏油

鶏油

スープに味と香り、コクを加える鶏油も付いています。スープに加えてお召し上がりください。


冷たい肉そば、肉中華、肉帯麺の三種類からお選びいただけます

肉そば

河北谷地の冷たい肉そば

河北谷地発祥の冷たい肉そば。普通の冷たい肉そばと一味ちがいます。スープは日本料理の技法でだしを取った板前店主こだわり。柔らかい親鳥チャーシューとこしの強い田舎そばです。
肉中華

肉中華

店主こだわりのスープと親鳥チャーシューを、こしのある食べ応え抜群のモチモチ麺で味わいます。
※温・冷どちらか選べます
肉帯麺

肉帯麺

幅三センチの帯広麺。米粉と山芋を入れたこしのあるモチモチの麺。食べるとやみつきです。
※温・冷どちらか選べます


食彩遊膳「まる梅」店主が教えるおすすめの食べ方

1、最初にお好みで一味を入れて食べる
2、半分くらい食べたら、柚子胡椒を入れる
3、最後に天かすを入れて食べる


三度味の変化を楽しめます!


スープを最後の一滴まで味わえる様に、さっぱりとしていて奥深い味に仕上げました。
ぜひお試しください!


このページからまとめてカートに入れることができます。
ご希望の個数を指定して「まとめてカートへ」ボタンをクリックしてください(※購入決定ではありませんので、数量は後で変更できます)。
表示切替: 並び順:
3件中1件~3件を表示
3件中1件~3件を表示

営業日
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

日曜、祝日定休、臨時休業あり
* さくらんぼ(6月上旬~7月上旬)、りんご(12月上旬~中旬)の出荷盛期は、毎日営業します

(夏季休業) 8月16日~8月22日
(年始休業) 12月29日~1月8日

休業中も ホームページ、FAXでのご注文は可能です。

ご利用ガイド

FAXでのご注文

☎023-612-0378(電話と共通) 
当店から折り返し、お支払い先等FAXでご連絡いたします。
大口注文に便利なExcelの注文書です。kurita@ashahiya.jpにお送りください。


お電話でのご注文・お問い合わせ

集荷等で留守電になることが多く、ご注文のみの場合は、ホームページ又はFAXがスムーズです。お問い合わせ等ございましたら、留守電にお名前とメッセージを残して頂ければ、折り返しご連絡させて頂きます。
※ お電話注文の場合、お支払い方法は、代引き又はお届け時カード払いのみとなります。
☎023-612-0378 (FAXと共通)  平日 10時~17時  

配送業者

ヤマト運輸

送料

生鮮くだものは 送料無料(沖縄のみ700円)です。天然山菜・お米・酒・柿酢・タモギタケ等、生のくだもの以外の商品は、地域別に送料がかかります。

お支払い方法

● クレジットカード決済 手数料:なし
● 代金引換 
手数料:330円
● コンビニ後払い 手数料:200円 ※ 商品とは別に、払込票が郵送で届きます。(商品に同梱されません)※与信審査があります。
● 銀行振込 (前払い)
ゆうちょ銀行振込(前払い) ※ 当店口座にお振込いただく形になります。(振替用紙ではありません)

Instagram
Twitter
facebook
youtube

生産者さん募集中

店長日記

山形朝日屋店長の栗田

皆様 運営者の栗田です。
山形からおいしい食品と、知られざるおもしろい情報を発信したいと考えています。朝日屋の店名は私がかつてよく登った母なる山、朝日連峰からつけたものです。


店長日記はこちら >>

ページトップへ