清流の里・寒河江のさくらんぼ
 山形生まれのさくらんぼ“佐藤錦”は、大粒で甘くパリッとした食感が魅力の代表的なさくらんぼの品種です。その名の通り、まるで錦のような輝きから「樹になるルビー」と呼ばれるほど、見た目もとても綺麗な果実です。

 そんな“佐藤錦”は、山形県東根市の農家“佐藤栄助氏”の「実が固くて、甘いさくらんぼを作りたい」という強い思いと、その夢を達成しようとするたゆまぬ努力から生まれました。

 今ではすっかり高級品として全国の人気を得た“佐藤錦”本場の山形の“佐藤錦”は、甘さ、爽やかな酸味が素晴らしく、日本一の産地として不動の地位を築いています。
寒河江産
 山形県のほぼ中央に位置する“寒河江西村山”地域は、北東部は平坦地帯、南西部から北西部は朝日連峰、月山、葉山等の出羽丘陵に囲まれた山間・中山間地帯で、寒河江市、大江町、朝日町、西川町、河北町の1市4町からなっています。

 朝日連峰、月山、葉山等の出羽丘陵を源とする最上川、寒河江川、朝日川、月布川が地域内を貫流し、特に、寒河江川は国土交通省に認定された清流日本一の川です。

 この地域では、山の森林ダムを経て流れる清流が田畑を潤しており、山形県内で最もきれいな水で育つお米・果物は、非常においしいと評判です。


 寒河江・西村山地域のさくらんぼは、バイオテクノロジーを利用して、品質のよいさくらんぼを生産するため、優良系統の選抜を行っています。また、寒河江市にある県立園芸試験場では、より早く収穫でき、より大きい粒での甘いさくらんぼの品種改良に取り組んでいます。

 寒河江のさくらんぼは、先人から続く生産者のたゆまぬ努力と工夫によって、”日本一のさくらんぼ”になっています。
ご購入前にご確認ください
商品について ●さくらんぼは非常にデリケートな果物です。到着後はすぐに冷蔵庫に保管し、お早めにお召し上がりください。
発送について 本品は予約商品です。お早めにご注文頂いた場合でも、収穫までお待ち頂くことになります。
お届け日指定不可※収穫は天候に左右されるため、お届け日の指定はご遠慮願います。ご都合の悪い日がございましたら、ご注文の際に「お届けに関するご希望欄」にご記入ください。
銀行振込・郵便振込・コンビニ払いは前払いでお願いいたします。ご入金が確認できない場合、商品をお届けできない場合がありますのでご注意ください。
送料について●送料は無料です。 ただし、沖縄・一部離島への配送のみ一件につき700円の配送料を頂戴します。ご注文後の自動送信メールは送料が含まれておりません。送料を記載したメールを個別にお送りします。


商品一覧

該当商品はありません

営業日
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

日曜定休、臨時休業あり
* さくらんぼ(6月上旬~7月上旬)、りんご(11月下旬~12月上旬)の出荷盛期は、毎日営業します

(夏季休業) 8月16日~8月22日
(年始休業) 12月29日~1月8日

休業中も ホームページ、FAXでのご注文は可能です。

ご利用ガイド

ホームページでのご注文方法

ホームページでのお買い物方法の手順は以下のページでご覧いただけます。
パソコン・スマホでのお買い物方法のページはこちら

PDF版もございます。以下のリンクからダウンロードし、紙に印刷してご覧いただけます。

FAXでのご注文

以下のバナーからご注文書をダウンロードして記入の上、FAXでお送りください。当店から折り返し、お支払い先等をFAXでご連絡いたします。
FAX注文用紙ダウンロード

大口注文に便利なExcelの注文書です。kurita@ashahiya.jpにお送りください。


お電話でのご注文・お問い合わせ

●集荷等で留守電になることが多く、ご注文の場合は、ホームページ又はFAXがスムーズです。
●お電話注文は、カード決済と後払い決済はご利用いただけません。
●お問い合わせ等ございましたら、留守番にお名前とメッセージを残して頂ければ、折り返しご連絡させて頂きます。

☎ 023-644-9115  平日 10時~17時 
※ 2020年9月26日より電話番号が変更になっております。詳しくはこちら

配送業者

ヤマト運輸

送料

生鮮くだものは 送料無料(沖縄のみ700円)です。天然山菜・お米・酒・柿酢・タモギタケ等、生のくだもの以外の商品は、地域別に送料がかかります。

お支払い方法

こちらのページ】をクリックしてご覧ください

Instagram
Twitter
facebook
youtube

生産者さん募集中

店長日記

山形朝日屋店長の栗田

皆様 運営者の栗田です。
山形からおいしい食品と、知られざるおもしろい情報を発信したいと考えています。朝日屋の店名は私がかつてよく登った母なる山、朝日連峰からつけたものです。


店長日記はこちら >>

ページトップへ