店長日記

庭月観音 万灯供養

 2022,8,18  今年も鮭川村 の灯籠流しに行きました。

 午後6時開始・・強いにわか雨でした。
 雨の中で住職は傘なしで、ずぶぬれで行事を執り行ないます。

 話の中でこのような天候の中あつまってくれるのは本当の信者

 であると言ってました。しかし過去の例からこの頃雨になるケース

 が多いです。コロナ以降 今回含めて3回は川に流さず、境内に

 置いてローソクをつける万灯供養という形になっています。以前は

 鮭川太鼓の演舞 お囃子 露店 などで賑わったのですが来年

 の復活を期待したいです。


終戦記念日

8月15日 終戦記念日に

 毎年県護国神社で慰霊祭が午前11時半から
 あるというので、行ってみたら、コロナの関係で

 役員とか関係者だけとのこと。参拝をする。

 今年は平和のご献灯というのをやっていて、提灯が

 たくさんありました。今年はウクライナ戦争、

 安倍元総理の暗殺 でより深刻の度を増している環境です。

 産経新聞に小堀桂一郎氏 が寄稿 していました。

 ポツダム宣言とはなんだったのか。7月26日にポツダム宣言

 が発出され、8月14日に受諾。その間に広島、長崎への原爆投下

 ソ連の対日宣戦、満州と北方領土への侵略開始という破局となった。

 このあたりを勉強しなければならないと思う。仲 晃 著

 黙殺 ポツダム宣言の真実と日本の運命 NHK ブックス が

 紹介されています。

 また同じ小堀氏の記事で 終戦詔書の叡慮に応えた安倍氏 というタイトル

 天皇の終戦の詔書の最後にある 「国を挙げて一つの家族のように、

 子孫ともどもかたく神国日本の不滅を信じ、道は遠く責任は重大であることを

 自覚し、総力を将来のけんせつのために傾け、道義心と志操をかたくもち、

 日本の栄光を再び輝かせるよう、世界の動きに遅れないように期すべきだ。

 あなた方臣民はわたしのそのような意を体してほしい。」安倍氏は間違いなく

 終戦詔書の叡慮に応えた戦後の我が国に現れた政治家の中で最大の器量と志を

 有する人だったとたたえています。

 また我々は終戦詔書のお訓しに対し胸を張ってお答えできるだろうかと、

 自問してみる事から戦後史の再検証は始まる。とあります。まことに

 重く厳しい道のりが続くことを自覚させられる日です。




山形大花火大会

8月14日 山形大花火大会が3年ぶりに有観客で開催された。


霞城公園を中心に河川2ヶ所からも打ち上げられた。

普通には見えないので、少しでも高い場所を探して移動

する人びと。気分的なものもあって、夏の花火は必須です。

県内各地で花火大会が続く。ユーチューブで実況やっていたので

それも合わせて見ることが出来ました。


山の日 全国大会

8、10-11  山の日全国大会が今年は山形県で開催された。

蔵王山周辺の記念登山、トークイベント等が行われた。
蔵王の場合樹氷が付くアオモリトドマツ の枯れ死問題の
取り組みも紹介されたようです。
 多くの方に山について知る機会となったことと思われます。
 わたしも宮城県側の白石スキー場から蔵王の水引入道という
山を目指して、途中までのぼりました。帰り雨で登山道が
小川のようになりました。
来年の山の日全国大会は沖縄県です。


今年の花笠まつり

8月7日 最終日 3年ぶりのパレードがくりひろげられた。

3日間で観衆56万人。
私は2日目に行ってみたが、大変な賑わいで活気にあふれていました。
やはり、祭りというものは必要であると認識しました。最近は形にとらわれず
様々な踊り方指向され見る方も楽しいです。来年も今年以上に盛り上がることを
期待しましょう。

 蔵王大権現例大祭
が8日、山形市の蔵王スカイケーブル中央高原駅前の蔵王権現堂で行われ
山形花笠まつりの終了を報告した。

記録的大雨

2022.8.3から4日にかけて記録的な大雨が降り

山形県では最上川流域で広範に被害が出ました。
3日の夕方に携帯に警報が鳴って驚きました。
山形市では明治地区に避難指示が出されました。
これを機会に、準備しておくことなど考えさせられることが
多々あります。
 大江町、左沢地区 で浸水がありましたが、2年前に堤防計画が
持ち上がっていたが、進んでいなかったようです。

 JR米坂線の鉄橋の崩落など インフラ整備が為されていないのでは
ないかとおもわれます。日本全体として、インフラ整備の予算を減らして
来ているようです。これも緊縮財政の弊害で、積極財政によって国土の保全
に力を入れてもらいたいと思います。

 この大雨は線状降水帯によるもので、積乱雲が次々に発生し、風に流されて
線状に連なり、同じ場所で強い雨を長く降らせる現象。これについての予報、
対策等新たな課題ではないかと思います。

 また普通に考えると、避難場所が公民館などになっているわけですが、高台
にあるわけでもないので、水害の場合どうなのか。平屋の住宅は逃げ場が無いのでは。農作物の被害はどうなのか・・これから様々な被害の実態がわかってくる
と思います。


今年のさくらんぼ

7月6日で 当店のさくらんぼ終了しました。

今年は昨年に比べれば豊作でしたが、急な気温上昇で
終了が早まったようです。全体として、1週間ほど早く始まり
終わりは例年並みという感じでしょうか。特筆すべきは
新品種 やまがた紅王 が先行販売されたことです。
粒が大きく5百円玉ぐらい 来年本格出荷の予定です。
開発に長い年月を要しているので、品種が海外に流出しないよう
対策を講じていただきたいと思います。
今年はみるだけで、食べることは出来ませんでしたが、来年が
楽しみです。一夏の風物詩が終わりました。来年もよろしくおねがい
します。

4月28日は主権回復の日です

4月28日は昭和27年4月28日にサンフランシスコ講和条約が


発効し占領下を終わり、国家の主権を回復した重要な記念日です。

自宅に国旗を掲揚したら、一日間違えたのでは・・その都度説明するわけ

ですが、ほとんど知りません。カレンダーにも書かれておらず、国としての

行事も中止なったままです。これはGHQ占領下の影響が今でも続いているから

でしょう。この分野についてよく勉強しないと現在の状態も理解できないと

思われます。4月28日はひとつのきっかけにしたいと思っています。


東日本大震災11年

 東日本大震災は11年となった。午後2時46分の発生時刻に合わせて


 各地で追悼行事が行われた。山形市の文翔館前では、いつものように

 キャンドルナイトが行われた。防潮堤は9割完成しているが、原発は

 これから処理水の放出準備、廃炉 など先は長いようです。つくづく

 原発を含む大災害であったと実感します。原発事故については人災的

 な面も大きく、原発を調査した国会事故調報告書 という分厚い本が

 あります。事故調元委員長の黒川 清 氏の著書で 規制の虜 という

 本があります。注目するタイトルだけ見ても、

 ・異論を言いにくい社会

 ・同調圧力を乗り越えるには

 ・上からの指示に逆らえない日本企業の服従文化

 ・情報の共有に消極的な日本

 ・もしも・・を考えない日本

 当時 国会での質疑においても「想定外」だったという答弁が

 多かった。黒川 氏はこの本の冒頭で、志が低く、責任感がない。

 自分たちの問題であるにもかかわらず、他人事のようなことばかり言う。

 普段は威張っているのに、困難に遭うと我が身かわいさからすぐ逃げる。

 これが日本の中枢にいる「リーダーたち」だ。

 政治、行政、銀行、大企業、大学、どこにいる「リーダー」も同じである。

 日本は全体としては優れているが、大局観をもって「身を賭しても」という

 真のリーダーがいない。国民にとって、なんと不幸なことか・・・。

 福島第一原子力発電事故から5年が過ぎた今、私は改めてこの思いを強く

 している。・・と書かれています。

 11年経った今この本を学びたいと思った次第です。

 「規制の虜  黒川 清    講談社」

 震災での被害に遭われた方のご冥福とお見舞いを申し上げます。

北京オリンピック

 スピードスケート男子500mで山形中央高 出身の森重航 選手が

 銅メダルを獲得しました。

 本県関係として、バンクーバーオリンピックの加藤条治 選手の銅メダル

 以来となる。本県から今回、スピードスケートに4名の選手がでましたが

 いずれも山形中央高出身でした。

 県知事の話 将来五輪を目指す山形の子供たちにとって大きなエネルギー

 になる。引き続きさらなる活躍を期待したい。

営業日
  • 今日
  • 定休日

定休日:土・日・祝
* さくらんぼ(6月上旬~7月上旬)、りんご(11月下旬~12月上旬)の出荷盛期は、毎日営業します。

(夏季休業) 8月11日~8月16日
(年始休業) 12月29日~1月8日

休業中も ホームページ、FAXでのご注文は可能です。

ご利用ガイド

ホームページでのご注文方法

ホームページでのお買い物方法の手順は以下のページでご覧いただけます。

PDF版もございます。以下のリンクからダウンロードし、紙に印刷してご覧いただけます。

FAX・メール・お電話でのご注文

 FAX・メール・お電話注文は、カード決済と後払い決済はご利用いただけません。カード決済・後払い決済をご希望の場合は、ホームページからご注文くださいます様お願い申し上げます。


◆FAXでのご注文

以下のバナーからご注文書をダウンロードして記入の上、FAXでお送りください。当店から折り返し、お支払い先等をFAXでご連絡いたします。
FAX注文用紙ダウンロード
FAX送信先:023-612-0378

大口注文に便利なExcelの注文書です。kurita@ashahiya.jpにお送りください。

◆お電話でのご注文・お問い合わせ

集荷等で留守電になることが多く、ご注文の場合は、ホームページ又はFAXがスムーズです。
お問い合わせ等ございましたら、留守番にお名前とメッセージを残して頂ければ、折り返しご連絡させて頂きます。

☎ 023-644-9115  平日 10時~17時 
※ 2020年9月26日より電話番号が変更になっております。詳しくはこちら

配送業者

ヤマト運輸

送料

生鮮くだものは 送料無料(沖縄のみ700円)です。天然山菜・お米・酒・柿酢・タモギタケ等、生のくだもの以外の商品は、地域別に送料がかかります。

お支払い方法

こちらのページ】をクリックしてご覧ください

Instagram
Twitter
facebook
youtube

生産者さん募集中

ページトップへ